【ギヴン】3巻、あらすじとネタバレ、独自の感想考察!

コミック

7月11日より、フジテレビ

ノイタミナで放送中のアニメ『ギヴン』

原作はキヅナツキさんのコミックです。

主人公達が音楽を通して距離を縮めていき、

音楽によって過去と現在の自分の気持ちに

向き合い、

惹かれあっていくという

青春バンドストーリーで、

今とても話題の切なくて純粋なBL漫画です!

今回は『ギヴン』3巻について

ご紹介します。

スポンサードリンク

【ギヴン】3巻の主要人物紹介!

1巻、2巻のネタバレ考察で既に

紹介済みの人物については割愛します。

矢岳光司……2巻にも、ライブハウスのシーンで

登場しましたね。

立夏たちのバンドの出番まで何曲か

繋いでいたバンドのベース兼ボーカルです。

小さな会社で映像編集をしています。

仲のいいバンドのMVを作ったりしており、

3巻では立夏たちの「アー写」を

撮影していました。

春樹とは同じ大学の同じ学科で知り合い(映像科)、

「タケちゃん」と呼ばれています。

八木玄純……1巻にも少しだけ登場し、

2巻では名前のみの登場でしたね。

真冬、由紀、柊と幼馴染で、

高校入学後は由紀、柊と3人でバンドを

していました。

柊と同じ高校に通っています。

毛玉……真冬が飼っている子犬で、

おそらくポメラニアンです。

ペットに毛玉なんて名前をつけるあたり

真冬はやっぱり大物かもしれませんね…。

落ち込んでいた真冬のために

真冬のお母さんが何も考えずに飼ってきた

そうです。

真冬のぽわわんとしたところは

母親譲りなのでしょう。

【ギヴン】3巻のあらすじ!

2巻で描かれたライブを見事に

成功させた4人。

舞台袖で真冬に思わずキスをしてしまった

立夏は、真冬の気持ちを聞かずに

衝動的な行動をとってしまったと後悔を

していました。

またライブに出たいと言う真冬。

4人は「given」というバンド名で

正式にバンドを結成するのです。

立夏と真冬は、

真冬からの思わぬ告白によって見事

両思いとなり、付き合うこととなります。

しかし真冬は、

真冬の才能はかなり伸びると見込んだ秋彦と

雨月のコンサートに同行したり、

秋彦につきっきりになります。

どんどん音楽を吸収していく天才肌の真冬に

立夏は少し戸惑いを覚えるのでした。

3巻は立夏や春樹の恋愛感情がこれまでより

読者に伝わりやすくなっています。

恋する乙女を通り越して

まるで推しを見るオタクです。

2巻でのライブで、自分の気持ちを

歌に乗せることができた真冬は、

1巻や2巻で見せていた空虚な表情とは

異なった、

弾けた笑顔まで見せるようになり、

音楽に対してかなり前向きになっていました。

【ギヴン】3巻のネタバレと考察!

立夏は後悔していました。

前巻で描かれたライブは好評でしたが、

舞台袖で真冬にキスをしてしまったこと

帰宅後に思い出してしまったのです。

真冬にどう思われているかということを

忘れていた………

(もう遅いのに焦っている立夏が可愛い場面です)

次の日も学校で完全に

ぐったりな立夏。

真冬は熱を出して学校を休んでいました。

真冬の様子を見に行くという連絡が

立夏から入った春樹。

(このとき立夏は動揺しているのか

少し誤字?をしています。乙女か)

心配で自宅まで訪れた立夏。

玄関先に現れた無防備な真冬の姿に

爆死。

立夏の脳内の声がでかでかと描かれます。

まるで推しを目の前にしたオタクです。

立夏ってこんなキャラだったんだな…と

驚いたのと同時に愛しさも込み上げる場面です。

面倒見のいい立夏に看病され、

真冬は

次は違う歌が作りたい、と零します。

真冬が音楽を通して表現をすることに

かなり前向きになっているようです。

真冬の歌を聞きなくないと

思っていた立夏ですら圧倒された昨日の歌。

次があるならば

立夏は、自分がその「次」になりたいと

密かに思うのでした。

春樹はタバコに火をつける際に

髪をよく焦がしてしまっていました。

ダラダラ伸ばしてるからだ、と

秋彦に言われてしまいますが、

ここで、春樹が髪を伸ばしている理由が

明かされます。

実は秋彦を好きになってから、

願掛けのように伸ばしてるんですね。

か、可愛い…………女子か………。

春樹と秋彦が出会ったのは大学のとき。

秋彦は今より近寄りがたく荒んだオーラを

放っていました。

春樹が立夏と出会ったのもその頃です。

春樹のバンドはその頃空中分解を始めており

立夏が気の強いギターらしく

バンド仲間と喧嘩をしているのを見て、

自分のバンドに誘いたかったのですが

ドラムが辞めかけているので

誘えずにいたようです。

そしてたまたま授業で隣の席になった

春樹と秋彦。

秋彦はスネアを持っていたことから、春樹は

「お兄さんってドラムやってるの?」

と勇気を出して声をかけました。

そしてその年の冬、

春樹は秋彦を立夏を引き合わせ、

現在の前身となるバンドを結成します。

今や春樹の家のソファで堂々と

昼寝をかますようになった秋彦。

秋彦の寝顔を盗撮したい…と

変態っぽいけどオタクなら思いそうな

ことを考えるに留まらず

本当に盗撮をする春樹。

一方的に好きなままでいいと思っていたのに

真冬の歌を聴いて、

春樹は秋彦に対して今以上に

欲張りになってしまうという自覚が

芽生えていました。

立夏、真冬、秋彦、春樹の4人は

ライブの打ち上げをするのですが、

そこで春樹はタケちゃんが編集してくれた

ライブ映像をみんなに見せます。

そのライブを見た春樹の知り合いの

ライブハウスのオープニングアクトにも

誘われたという話を聞き、

真っ先に「出たい」という真冬。

しかし4人はなし崩し的にバンドとして

活動しているような感じで、

具体的な今後の活動など何も決めていない状態。

その中で

「あの感覚を上手く言えないけど、

もう一度確かめたい。

ライブがしたい」

という真冬の言葉に胸を打たれる3人。

まずはバンド名を決めるところから

始めました。

立夏、秋彦、春樹の3人での活動のときは

みんな名前に季節が入っているので

「The seasons」を使っていました。

そこで真冬が

死んだ彼氏のお母さんからもらった

ギターを使っていることから

「give」を案に出し、

それにseasonsの要素を組み合わせて

バンド名は「given(ギヴン)」

決まり、4人は正式にバンドを結成しました。

バンド活動は始めたものの、

未だに真冬との距離のとり方に

迷いがあるような立夏。

そんな中突然、真冬は

横浜みなとみらいに立夏を誘います。

海が見える方に走っていく真冬は

弾けんばかりの笑顔を見せていました。

そんな真冬にまた心を乱される立夏。

「上ノ山くんが好きだよ」

と告白する真冬。

戸惑いを隠せない立夏に、

「恋情的な意味」だとさらに追加する真冬。

2人は突然両思いとなるのでした。

今後の活動のこともあるため

春樹に報告しにいく2人。

バンド内恋愛は絶対に反対だと

半年前の立夏は言っていたのですが、

本当に頑張るので許して欲しいと

頭を下げる立夏を見て、

「バンドは人気商売だから、

絶対にバレないようにしろ」

春樹は観念します。

2人の突然の報告に驚嘆する春樹と対照的に

秋彦は「おめでとう」の一言のみ。

かなり前からそうなることは

わかっていたようですね。

2人が付き合い始めてから、

givenはアーティスト写真を

撮影してもらったり、

バンド活動も順調に進んでいました。

秋彦につきっきりの真冬は

どんどん音楽を吸収していきます。

真冬は秋彦の同居人の雨月の

コンサートにも同行します。

どうやら雨月は真冬をいやに

気に入っているようで、チケットを

用意してくれたとか。

雨月は、秋彦が初めて出会った天才でした。

学生の頃、自分の音楽に自信がまだ

あった頃に出会い、

雨月を目の前に秋彦の自信はついえたのでした。

秋彦による回想は少しだけでしたが、

秋彦が雨月の持ち家で

同居に至るまでの深い過去がまだまだ

2人にはあるのでしょう。

そんな雨月の天才的な演奏に

圧倒された真冬は、

「曲を作りたい」と呟きます。

秋彦は真冬に対しても、

並々ならぬ才能を感じ取っていたのです。

そしてカウントダウンフェスの

二次審査に通ったgiven、

三次はライブ審査だと聞いた立夏は

少し怖気付いている様子でしたが、

真冬は「やりたい」と

強く言うのです。

立夏はそんな真冬に対して

少し動揺しているようでした。

【ギヴン】3巻のまとめ、感想

3巻では真冬の思わぬ告白によって

立夏と両思いになり、

バンド活動も本格始動し、

恋愛もバンドも順調に進みそうな描写が

ありました!

1巻、2巻と比べても真冬の表情や

思いに大きく変化が現れ、

明るい印象の3巻ですね。

春樹が秋彦を好きになった経緯、

出会いも明かされましたし、

何より春樹と立夏の

恋する乙女感が強くなっていて、

見ていて微笑ましかったです!

恋が実った立夏と対照的に、

姉の弥生は秋彦にフラれたと

髪をザクザク切り始めるという衝撃的な

場面もありました…。

2巻の終盤で、ライブ前に秋彦に声をかけるも

かわされてしまうという描写が

あったので、

きっとそこでもう無理だと察したのでしょう。

一方で秋彦の闇の部分が

見え隠れしていました。

3巻の終盤で秋彦は、

コンサートを終えて帰宅した雨月に

突然覆いかぶさりキスをしていましたし、

真冬は秋彦が

「替えのきかない相手を好きになって、

しかも失恋してる」

読んでいました。

きっと秋彦の過去や抱えている気持ちは

4巻で明かされるんじゃないかな?と

予想しています!

立夏も、

真冬のバンド活動に対する強い気持ちに

圧倒され、距離をとりあぐねていましたし、

次巻では

givenの4人の関係性はどのように変化し

物語が進められていくのでしょうか。

ギヴンのコミックをお得に読める方法!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

多分知っていると思いますが

ギヴンのコミックをお得に読む方法をお伝えします!

 

無料では読めませんのであしからず・・・。

お得に読む方法とは、

U-NEXTの無料トライアルを利用することです。

 

【ギブン3巻をお得に】

もらえるポイントでお得に読む!!

▼▼▼

▲トライアル期間中に解約も全然OK!▲

無料トライアルとは、

31日間、13万本以上の動画が見放題で

さらに600円分のポイント獲得できるんです。

無料トライアルで獲得した600ポイント

読みたいコミックの購入に充てられるので

実質100円ちょっとで1巻を読むことができるんです。

 

月額利用は1990円ですが

毎月1200円分のポイントがチャージされて

お好きな漫画の購入に利用できます。

 

また1200円分を超えて購入した分は

最大40%ポイント還元なので

たくさん読めば読むほどその分お得に!

 

漫画や書籍以外にも動画が約13万本以上見放題!

 

アカウントも4つまで利用できるので

家族や友人とシェアすれば月額約500円で楽しめるんです。

 

初回31日間は完全に無料なので迷ったら登録をすることをお勧めします。

キャンセルも面倒な手続きはありませんでしたよ。

【ギブン3巻をお得に】

もらえるポイントでお得に読む!!

▼▼▼

▲トライアル期間中に解約も全然OK!▲

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本ページの情報は2019年7月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー