【ボイス~112の奇跡~】13話から最終話までのあらすじ、ネタバレ・感想!

韓流ドラマ

全16話の韓国人気ドラマ「ボイス~112の奇跡~」もついに最終回に近づき、

やっと真相が全てわかる・・・と思うとかなりドキドキしますね。

最終回がどうなるのか?

ジニョクの妻はなぜ殺害されたのか・・・

13話~最終回の16話まで紹介したいと思います。

スポンサードリンク

【ボイス、112の奇跡】13話のあらすじとみんなの感想

気になる最終話に近づき、第13話に突入、、、ジニョクの妻が殺害された真相は?

『ジニョクの妻・ジヘはボランティア活動をしていて、良く人探しをしていた。

殺害される前に探していたのがコン・チョルファンという男。

ジニョクの妻・ジヘとコンの関係に特別な何かがあったかもしれない、

ジヘの裏の顔を示唆するような情報があることをグォンジュから聞き、

動揺を隠せないジニョク。

その時ナム・サンテから電話で、ウニョン洞事件の犯人を教え、証拠も渡すから

自分を逃がすようにと取引きを持ちかけられ、「信用できない」と言うと、

妻との思い出の場所、ペンションの名前まで知っていて、

″そこで会おう″と言われたジニョクはグォンジュに止められながらも行ってしまう。

グォンジュはジニョクの後を追い、デシクに応援を頼む。

ペンションに到着したら、、、サンテが木に吊るされ、殺害されていた。

そこには、ジヘの声が流され、妻に裏の顔があることを示唆するような

資料が置いてあり、ジニョクはショックを受ける・・・

グォンジュがその音声を解析した結果、ジヘの声は継ぎはぎして

作られていたことが分かり、ジヘはジニョクを裏切っていない、

という事をジニョクに伝えた。

そんな時、ぺ庁長から″ゴールデンタイムチームの解散″という辞令が・・・

その事に抗議しようとぺ庁長の元に向かった2人。

そこにはモ・テグの姿があり、そこでテグの声を聞いたグォンジュは

ウニョン洞事件の犯人だと確信した・・・』

サンテまで殺害されたことに驚きました。。。

しかもジニョクの妻・ジヘの声が聞こえた時にはゾクッとしてしまいました。

それを聞いたジニョクの信じられないような、悲しそうな姿が本当に可哀想で、、、

でも、結局あの音声は継ぎはぎして作られたものだということにホッとしました。

ホッとしたのもつかの間、とうとう真犯人とジニョク&グォンジュが会い、

グォンジュがその声で真犯人だと気付いた時、

ついにここまで来た!という感じでした。

14話が気になります。。。

スポンサードリンク

【ボイス、112の奇跡】14話のあらすじとみんなの感想

さて、14話になりますが、ジニョクとグォンジュがぺ庁長の部屋にいた

ソンウン通運のモ・テグ社長に会い、グォンジュがその声を聞いた時、

その声はまさに真犯人のあの男の声だとわかったところで終わりました。

気になる第14話は・・・

『チャン・マダム殺害事件の参考人として事情聴取の為に警察へ来たモ・テグ。

グォンジュは声でウニョン洞事件の真犯人だと分かり、ジニョクにも伝えた。

ジニョクは抑えきれずテグを追いかけて掴みかかり、怒りの言葉をぶつける。

でも、テグにはぺ庁長など警察内部にも協力な後ろ盾があり、

平然と事情聴取を受け、帰って行く姿に憤りを隠せないジニョクとグォンジュ。

テグの父モ・ギボム会長は話を聞き、検事を送り込む。

パク検事はジニョクとグォンジュに暴言を吐き、ジニョクは謹慎に追い込まれた。

そんな時、ギョンハク係長はジニョクに「お前を守るから辛抱してろ、

それくらいの力はある」と言い、デシクに対しての疑惑を語りだした。

デシクがウソをついていることや、デシクの父がソンウン通運と

繋がりがあること、などをジニョクに伝えた。

ジニョクはテグに電話をし、必ず捕まえるという事を伝える中、

テグの話の内容からグォンジュに危険を感じ「すぐに逃げろ!」と伝えるが、

すでにテグはグォンジュの家へ。。。

部屋へ近づく足音が聞こえ、ジニョクに伝えるが、のぞき穴を見るとそこには

テグの姿があり、直後に父親を殺害された時の音声が流れ。。。

思い切って外に出たグォンジュ、駆けつけたジニョクと見つけたプレゼントの箱。

その中には、以前盗まれた父親との写真と頭髪が・・・

ジヘの音声を解析し、テグの潜伏場所を突き止め、ジニョクは場所を探しに向かう。

そんな時に通報センターに犠牲者の一人からバスの転覆事故の連絡が・・・

そして、調印式に出席しているテグの元にジニョクが向かい、

「お前はもう終わった」と告げた直後にバス転覆事故の知らせが・・・』

テグがジニョクとの電話でもグォンジュの家に来たときも笑っている様子が

かなり怖くて不気味だった!!!

あと、デシクは黒幕と繋がっているのか・・・

ジニョクのどんな時も堂々と自分のやり方、意見を貫く所がカッコよすぎる!

ジニョクがどんな風にテグを捕まえるのか、あのバス転覆事故はどうなるのか。。。

気になることばかりです!

スポンサードリンク

【ボイス、112の奇跡】15話のあらすじとみんなの感想

とうとう残り2話となってしまった「ボイス~112の奇跡~」

早くラストが知りたいけど、もっと観ていたい!!!

期待が高まる第15話は・・・

『グォンジュの聴力のおかげでテグが犯している殺害現場の特定ができた矢先、

ソンウン通運のバス転覆事故の知らせが通報センターに届いた。

現場へと向かったジニョクとデシクは、想像以上の大きな事故に驚く。

乗客たちはバスの中に取り残され、血まみれ状態で、ジニョクやデシクは

ガスが漏れだしているバスから乗客達を命がけで救助する。

間一髪、全員を救出できたことにグォンジュも安堵したが、

バスの不調を運転手は会社に伝えていて、ただの事故ではなく、

″運転士が死亡した場合、会社に保険金が入る″という保険に加入させられていて、

過去にも同様の事例が多くあったことがわかった。

許せないジニョクはソンウン通運の悪行をマスコミへ訴えた。

ジニョクはデシクも脅されていたとはいえ、共犯者だったことに落胆。

デシクを呼び出し、問い詰め、そして諭したジニョク。

直後にテグから電話が来て、デシクはけじめをつける為に会いに行ったが、

テグや部下にやられてしまう。

グォンジュはテグが幼い頃に行っていた別荘を亡くなったテグの叔母に聞き、

音声データから聞こえた波の音などでそこが多くの人を殺害した場所だと確信した。

ジニョクにそれを伝え、グォンジュと共に別荘へと向かうのだが・・・

途中でデシクから″借りを返す″というメールが届き、電話を掛けるも出ない。。。

デシクはテグの別荘に連れて行かれ、地下室に。。。』

ソンウン通運の悪事が暴かれたことに心からホッとしました。

デシクが共犯だったことにはショックでしたが、父を守る為、

そしてジニョクに手を出させないため、、、というデシクの気持ちを聞くと

辛かっただろうな・・・とも思いました。

やっと真実が見えてきたジニョクやグォンジュの結末が気になります!

スポンサードリンク

【ボイス、112の奇跡】最終話のあらすじとみんなの感想

とうとう最終話。。。

真実が少しづつ見えてきて、最終話はどんな結末になるのか・・・

『デシクはジニョクに借りを返すといってテグと会うが、

手下にやられてしまい、数々の殺人を犯した別荘の地下室へ連れられてしまう。

ジニョクとグォンジュも別荘に到着し、外に落ちていた血が新しいものだと気付く。

テグは地下室でデシクをジニョクの妻達を殺害した鉄球で何度も暴行する。

別荘へ侵入した2人をカメラで笑いながら見ているテグは面白がり、様子を見るが、

グォンジュの耳で地下室へとたどり着くが、銃を持ち、隠れていたテグと

銃撃戦を繰り広げながら追いかけるジニョク。

そこに警察官達が駆けつけ、包囲されたテグは銃を下すが、「銃を構えろ!」と

やりあう覚悟だったジニョクは興奮するもテグは捕まり、

ジニョクを挑発すような顔で連行されていく。

そんな中、瀕死のデシクが搬送される。

怪我をしているテグは、搬送されるも、その救急隊や病院長もテグの父ギボムの

息のかかった手下達で、「うまく息子を逃がせ」と指示をされることに。

発作を起こしたと言って搬送先を急遽ギボムの息のかかった院長の病院へ運ぶ。

手術室に運ばれ、青酸カリを飲んで自殺したように見せかける院長は、

警察を騙し、遺体を運ぶ振りをするも、グォンジュの耳で、

地下室に運ばれていることに気づき、追うも逃げられてしまう。

ギボムはテグを日本に渡航させようと乗船券を渡すが、オ・ヒョノの調べで

バレてしまい、ジニョク達も駆けつけ、逃げるテグを追いかける。

キム秘書と逃げるテグは、味方であるキムを鉄パイプで殴り殺し、海に投げ入れる。

音に気付き、駆けつけたジニョク達は海の遺体をテグだと思い、確認する間に

テグは逃走する。

グォンジュの考えでテグをテレビで挑発し、

案の定、グォンジュを殺害する為に姿を現したテグ。

おとりになり、グォンジュとテグが格闘している所、隠れていたジニョクが

テグに発砲し、テグは逮捕された

そしてまた、テグの父ギボムも逮捕する為、警察が突入した瞬間自らの拳銃で

頭を撃ち抜き、自殺されてしまった。。。

長年追いかけてきた真犯人と真実にたどり着いたジニョクとグォンジュ。

後日、妻ジヘの納骨堂へ来たジニョクが報告と妻への想い、そして最後に・・・

忘れない、愛してる」と。。。

グォンジュもま亡き父の納骨堂にきて報告し、最後に「愛してる」と。。。

デシクも何とか自発呼吸が回復し、安堵したジニョクとグォンジュ。

テグは精神科病院の地下室に入れられ、同じ精神科の患者達に何度も刺され、

そこの医師にトドメを刺され死亡する。

ソンウン警察庁では幹部の総入れ替え、ゴールデンタイムチームは復活した。

グォンジュは人助けになっているこの「耳」に感謝し、通報センターで

事件に耳を傾け、人々を救い、警察官の使命を全うしている。』

~完~

犯人が分かったときから、復讐したいとどんなに思ったか・・・

テグの仲間をも殺害してしまう残虐さには本当に驚きました。

デシクも死んでしまうの?とヒヤヒヤしましたが、何とか助かって良かった。。。

警察官という立場から、殺してやりたい!という気持ちを何とか抑え、

″逮捕″という形で終わらせたジニョクとグォンジュ。

2人にとっての長い長い戦いが終わった後、

墓前でのグォンジュのどこか晴れやかな表情、

ジニョクの泣きながら妻に報告する姿に私も号泣しました。

2人が墓前で言った最後の言葉「愛してる」が本当に心に響きました。

期待をはるかに超える恐怖と感動の結末が素晴らしかった!

まとめ

私にとっては初めての韓国ドラマ。

最初に見たときは、怖いし、グロい・・・という印象でしたが、

とにかく続きが気になって仕方がなく、見事にハマってしまいました 笑

毎回毎回、驚きとハラハラ&ドキドキの連続で、キャストも最高!

という感じでした。

ジニョクとグォンジュが最悪な組み合わせだったと思いきや、

この2人なら、いや、ゴールデンタイムチームの全員が最強!

というほど息の合ったメンバーで、それぞれの素晴らしい仕事っぷりに感動!

このドラマはかなりおすすめです。。。