【ボイス~112の奇跡~】7話から9話までのあらすじ、ネタバレ・感想!

韓流ドラマ

全16話の韓国人気ドラマ「ボイス~112の奇跡~」は、

毎回スリル満点の展開で、ハマる人も続出!

私もその一人なのですが、1話、1話がハラハラ・ドキドキの連続で、

恐怖の場面がとにかく怖いのに、次々と観てしまい、

とうとう7話~に突入してしまいました!

中盤に差し掛かる第7話~9話を紹介します。

スポンサードリンク

【ボイス、112の奇跡】7話のあらすじとみんなの感想

私も衝撃を受けた第7話ですが・・・

『第6話でアパートの住人が家主のお婆さんを刃物で脅し、

急行したジニョクとデシクは、家主の部屋から発見された死体に驚愕する。

そして第7話は、ビニールに包まった死体が家主のお婆さんにソックリな事に

更に驚き、グォンジュらが正体を調べるものの謎ばかり浮かび上がる。。。

結果、死体は家主のパク・ボクスンだったが、

脅されていた家主と思われたお婆さんは、そのアパートの住人で、

知的障害の弟と暮らし、大家になりすましていた

ジム・チュノクという女だったことが判明し、弟のヨンウンも捕まった。

グォンジュはジム・チュノクの取り調べをしたが、黒幕の恐怖からか

なかなか真実を話そうとしないどころか弟の罪まで被ろうとする。

グォンジュはやっと真実を聞き出すことに成功し、黒幕に弟のヨンウンが大家さんを

殺害したと言われ、怖くなり、黒幕の指示に従い整形させられてしまった

パク・ボクスンは悪い不動産屋にアパートの土地を売らないと頑なに拒否した為、

殺害されてしまい、それをヨンウンのせいにし、チュノクは弟を守る為、

そして恐怖心から従ってしまったという。。。

さらにグォンジュは話を聞きだすと、、、

ジニョクが狙われていると察したグォンジュはジニョクに電話するも

すでに襲われ、すぐにデシク達に急行させるが拉致されてしまう。。。』

貧しい姉弟を利用した黒幕が許せない!と興奮してしまう第7話!

それから、グォンジュのつい全て話してしまいたくなる事情聴取のテクニック!

そして、大勢に襲われながらも反撃しているジニョクがまたカッコイイ!!!

次の第8話は・・・?

拉致されたジニョクの行方は?

【ボイス、112の奇跡】8話のあらすじとみんなの感想

衝撃の7話に続き、気になる第8話は!

『ジニョクが連れ去られ、ゴールデンタイムチームは強力班と共にジニョクを探すが

なかなか見つけることが出来ない中、ジニョクは精肉加工場に吊るされていた。

そこに現れたのは顎がカチカチ鳴る男、、、そして、ファンが殺害された時に

車載カメラ写っていた、窓から逃げた謎の男に似た男。

″カチカチ野郎(ナム・サンテ)″は自らジニョクの妻を殺したと言い、

ジニョクの怒りは頂点に・・・

ジニョクは吊るされながらも見張りの男を挑発し、その場を脱出。

サンテを探すために次々と襲い掛かってくる男達を倒し、

ついにサンテに会うも、頭に銃を突きつけられる。

隙をついて立場が逆転したジニョクはサンテの右手を潰すように痛めつける。

その時、ジニョクも足を切りつけられるものの、デシク達が到着し、

難を逃れるが、サンテは逃げてしまう。

その後、強力班が後を追うも逃がしてしまうが、

ナム・サンテ」は指名手配され、身動きが取れない状況に。

ジニョクの単独での行動などに難癖を付けに来るぺ庁長にグォンジュが

ファンが殺された事件の件を持ち出し、

単独で捜査しなければならなかった経緯を説明するもぺ庁長には伝わらず、

グォンジュ達を気にいらない様子でセンターから出て行ってしまいます。

チュノクは身元を偽っていたものの大きな罪にはならず、ヨンウンだけは

知的障害があるとはいえ、殺人ほう助で無罪にはならず。。。

グォンジュは真実を話してくれたチュノクの為にもヨンウンの罪が

少しでも軽くなるようにと何とか取り計らおうとしてくれました。

ですが、釈放された後すぐにチュノクは殺害されてしまいます。

犯人はチュノクの携帯をわざと通報センターに繋げ、ゴールデンタイムチームを呼び、

ジニョクやグォンジュも駆けつけ、見たものは・・・

壁に貼り付けられたチュノクの遺体と血で書かれていた

″ルカ福音書の17章29節″の文字。。。

チュノクを殺害したのは現場の状況から間違いなくスリム洞事件の犯人。

けれど、ナム・サンテの手下の供述調書から違うと感じたジニョクは

犯人は別人だと。。。』

ジニョクが拉致されてどうなるのかと思っていたら。。。

1人でも強気で立ち向かい、犯人達を挑発し、脱出したジニョクに感動すら覚える!

次々と倒していくカッコよさに、、、何回もリピートして観てしまった 笑

貧しく、助け合う姉弟がこれから幸せになってほしいと思っていたら、

姉が殺害され、姉がいないとダメなヨンウンがどう生きていくのだろう・・・

それから、ナム・サンテは犯人なのか?気になります。

【ボイス、112の奇跡】9話のあらすじとみんなの感想

とうとう9話まで来てしまいましたが、、、真実に近づくにつれて、

「え~!!!」という展開が・・・

続いて第9話は・・・

『身を潜めているナム・サンテは黒幕に電話をし、何やらもめている様子。。。

グォンジュはチュノクを守ると約束したのに守れず、

姉が来てくれるのを待つヨンウンを見て、胸を痛める。。。

そんな中、ソンウン地方警察署でオ・ヒョノの良からぬ噂をするものが・・・

そして″ヒョノがアメリカ留学時代に薬物をやっていた″とか、″薬物を乱用し、

暴力を振るう男″などという書き込みが、通報センターの掲示板に書き込まれ。。。

パク・ウンスはヒョノのバッグに入っていた薬が何の薬かを調べたところ、

「副交感神経遮断剤」で副作用に瞳孔散大・幻覚・神経マヒなどが起こる

幻覚剤だということがわかり、動揺を隠せない。

趣味で″DJ BLACK”として有名クラブでDJをすることなっていたヒョノはそこで

用意された飲み物を飲み、体に異変を起こしていた。

″人気DJを人質にし、ナイフを持った目の据わった男が暴れている″との通報が。

その犯人は何とオ・ヒョノ巡査だという事が分かり、デシクとジニョクも現場へ。

2人はヒョノは誰かにはめられ、共犯者がいると思い、

捕まえたが共犯者は女装した男、ヤン・ホシク

取り調べで、SNSでヒョノに執着し、脅していた″love8080″

自分も脅されていたというがどこか怪しい。。。

ホシクはヒョノに謝りたいと探し、話をしているもウンスがヒョノに話があると

入ってきた為、ウンスを睨みながら出て行き、話を盗み聞きする。

″love8080″はジニョク達が追っている人物とは違うと感じるウンスは資料室へ。

そして、ジニョクやヒョノも様々な事を調べ、ヒョノは真犯人がホシクだと気付く

一人で資料室にいるウンスに迫るものが・・・

最初にモ・テグがガラス張りの部屋でバスタブに浸かる姿が怪しげで、

ゾクッとするような恐怖さえ感じました 笑

ヒョノが本当に容疑者なのー?とドキドキしましたが、違って良かった~!

それにしても、毎回毎回ジニョクが犯人と格闘するシーンはカッコよすぎる!

次はどうなるのか・・・楽しみでなりません。

まとめ

今回は7話~9話を紹介しましたが、毎回私の予想をはるかに上回る展開で、

どんどんこのドラマにハマっていきます。

次も気になるし、ラストはどうなるの?と気になって仕方ない

″ボイス~112の奇跡~″は、かなりおすすめです!